このサイトは記事内に広告を含みます。
PR

【チームで試合の動画共有】プライバシーに配慮した共有方法

スポンサーリンク
試合の動画をチームで配る方法撮影
スポンサーリンク
スポンサーリンク

せっかくビデオを撮ったので、みんなにも観てもらいたい。

「DVDお願い!」と頼まれたけど、簡単に配る方法はないかな?

そう思ったことはありませんか?

試合ビデオを撮影し始めて7年目。
できるだけ安価で、簡単に共有できる方法を数年考えてきました。

ようやく、ある程度まとまってきたので、参考にしてくださったら嬉しいです。

子どものスポーツ動画を共有するときに、一番気をつけること

動画共有はいろんな方法がありますが、気をつけなくてはいけないのが、プライバシーの保護

子どもの顔や名前を、世界中に発信するわけにはいきません。

そこを一番重要な条件として、共有方法を探しました。

DVDやBlu-rayをくばる

一番無難な配布方法ではあります。

ここ数年、ずっとこの方法で配ってきました。

ディスク配布のメリットデメリット

メリット

  • 簡単
  • わかりやすい
  • 受け取る側は受け取るだけなので、ラク
  • 動画の流出リスクが低い

デメリット

  • 配るのが大変
  • お金がかかる
  • たくさんだと、ディスクに焼くだけでも時間がかかる
  • ディスクの在庫を抱える

DVDやBlu-rayだと、不注意で流出しにくいので比較的安全な配布方法です。

とろしまねこ
とろしまねこ

でも、ガラケー時代ならともかく、今はもっと良い方法あるよね?

ここ5年くらいは、このDVDを使っています。
デジタル放送の録画というわけではないので、データ用でも使えます。

50枚単位で買ってます。

BDの方が画像がきれいみたいですが、時代に置いて行かれてるのでDVDで。
BDなら2試合くらい入るんでしょうか……どうなのかな。

LINEのトークに投稿

これは、ホント簡単。

チームのグループLINEを作っているところは、多いと思います。

そこに投稿するだけ。

5分以内なら、そのまま投稿。

それ以上なら、ファイルとして投稿。

ただし!

1GB以上のファイルは送れないので、一試合分の動画送信は不可能です。

LINE投稿のメリットデメリット

メリット

  • 配るのがめちゃラク
  • 無料

デメリット

  • 送信ファイルの大きさ限度が1GBまでなので、1試合とかは無理
  • 期限があるので、視聴者は自分のデバイスに保存する必要あり
  • 簡単に転送できるので、流出リスクについてはメンバーを信用するしかない

珍プレー・好プレー集や、開会式だけならこの方法で大丈夫!

15分程度の卒団動画は、毎年この方法で共有してきました。

希望者にのみ、DVDに焼いて配りました。

5分を超える動画のLINE投稿方法

  1. PCで動画を作る(私はMP4形式にしてます)
  2. PCでLINEにログインする
  3. トーク画面にドラッグ

しばらく放置していたら、投稿できています。

1GBを超えるファイルは、他の方法での配布を検討してください。

1日にアップロードできる容量が決まっているので、超えた場合は翌日にチャレンジしてください。

クラウドの利用

DropboxやGoogleドライブを使うと、ファイルのURLを教えることで動画を共有することができます。

早速、Googleドライブに1試合アップしてみました♪

結果……

1試合だけで、容量をかなり圧迫。

これでは、容量をひたすら買い増していくことになってしまう。

Dropboxにしても同じ。

Notionだったら、月額課金制で使い放題。
試合がある時期だけ課金するのも、良いかもしれない。

しかし、どれも無料の範囲内での野球の試合動画の共有は、無理があります。

とろしまねこ
とろしまねこ

1試合2時間とか普通だから……

苦肉の策として、公開期間を設けて、こまめに新しい動画に更新するならアリ。

クラウドでの共有のメリットデメリット

メリット

  • 非公開で共有できる
  • こまめに更新すれば、お金がかからない

デメリット

  • 無料の範囲内では、全試合は残せない
  • URLを知っていたら誰でもアクセスできてしまう

もうひと押し!

なんかないかなーと。

YouTubeにアップする

YouTubeには公開設定が3つあるのをご存知でしょうか?

それを利用して、動画共有してみました。

YouTubeの公開設定

公開

全世界に公開できます。
YouTuberなら、この設定です。

しかし今回は子どもたちの試合動画なので、この設定にするわけにはいきません。

限定公開

動画のURLさえ知っていれば、誰でも見れます。
遠く離れた祖父母にも観てもらえます。

でも、そのURLがどこまで拡散されるかコントロールできないのは怖いです。

責任持てません。

非公開

投稿者が設定したGoogleアカウントでログインしないと観れません。

私はこの設定で動画共有することにしました。

50人まで登録できます。

なので、人数多いチームには、同じ動画を複数投稿して視聴者を班分けする必要がありますね。

ログイン専用アカウントをチームで作ることも考えたのですが、これだとIDとPWが流出したらアウト。セキュリティレベルは限定公開とあまり変わりません。

そこで、ログインできるGoogleアカウントは個人のものにし、各自が責任持ってログインしていただくことにしました。

YouTube共有のメリットデメリット

メリット

  • 公開設定で視聴者を限定できる
  • 1試合2時間でもどんとこい!

デメリット

  • 視聴者は、Googleアカウントを作る必要がある
  • Gmailを発信者に伝えなくてはいけない

YouTubeでも、アレコレしたら動画録画されたり拡散されたりしますが、視聴者を限定しているのでここは信用するしかありません。

どんどん増える試合動画URLお知らせの方法

クラウドやYouTubeを利用する場合、動画URLをお知らせする必要があります。

動画をアップするたびに、URLをお知らせ。
そのお知らせは、LINEトーク内でどんどん流れてしまう。

オススメの通知方法は

動画アップ時に「メールで通知する」をチェックする(YouTubeの場合)
LINEノートにURL一覧を作る

①動画アップ時に、メールで通知
②グループLINEのノートに試合タイトルと動画URLの一覧を記載していく

視聴者はメールかLINEからアクセスすれば良いだけ。

ウチのチームはこんな感じで動画共有を始めました。

動画共有方法まとめ

メリットデメリット
DVD
Blu-ray
安全
昔から定着している方法なので簡単
ディスクの在庫を抱える
配り続ける限り、お金がかかる
LINE比較的安全1GBを超えるファイルは送信できない
転送が容易なので、データの拡散に責任が持てない
クラウド比較的安全容量が増えてくると有料
動画が増えるにつれ、どんどんお金がかかる
URLが漏れると、誰にでも見られてしまう
YouTube公開設定に気をつけるとかなり安全
2時間の動画もアップ可
視聴者もGoogleアカウントが必要

私はYouTubeで共有することにしました。

チームに合った方法が見つかりますように!

チームに周知すべきこと

個人情報保護の観点から、スコアや動画をチーム外部の人が見ることのないようご配慮ください。

試合動画やスコアなどの試合情報や選手情報は、部外秘情報として、取り扱いにはご注意ください。(他チームに知られると、対策を立てられるため勝率は下がります)

このように周知をしていても、簡単に流出されてしまいます。(実際されました)

このリスクを寛容できないなら、情報共有は卒業後などの時期にした方が良いと思います。

保護者の方はもちろんですが、試合動画は監督にも喜ばれます。

勝つために見直してくださるので流出もしませんし、動画整理のついでに監督と動画共有するのはオススメです!

スコアのつけ方についてはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へにほんブログ村 野球ブログ 野球情報へにほんブログ村 野球ブログへPVアクセスランキング にほんブログ村
撮影
スポンサーリンク
とろしまねこをフォローする
スポンサーリンク
こどもの野球おうえんだん
タイトルとURLをコピーしました